国際協力事業

2013年度:チャリティコンサート

チャリティ コンサート クラシック 2014 開催

言葉で伝えきれない心を
笛の音ひとつに籠められることを
わたしたちは知っている

2005年にスタートした「カンボジア教育支援のためのチャリティコンサート」も早いもので、今年で10回目を迎えることとなりました。その間、コンサートの収益金により、カンボジアでの学校建設を始め、子供たちに英語やパソコンを学ばせるクラスを開設して教師を派遣したり、教室からインターネットを使える環境を整えたり、また最近では、情操教育の一環として、絵画教室への支援も行っています。これらはすべて、チャリティコンサートに足をお運びいただいたお客様のおかげだと、あらためてみなさまに感謝申し上げます。

さて、記念すべき 10 回目を迎えた今回のコンサートでは、海外からも脚光を浴びる雅楽師、東儀秀樹さんと東京交響楽団が共演し、紀尾井ホール全体が和洋の絶妙なハーモニーに包まれました。自然を強く感じさせ る笙(しょう)と篳篥(ひちりき)の音に、お客さまはゆったりとした時の流れを楽しんでおられました。

ロビーには、財団が支援するカンボジアの「小さな美術スクール」の子供たちが描いた絵を展示し、募金してくださったお客さまには、スクール生の描いた絵が入ったノートを差し上げました。この募金によって同数のノートをカンボジアの子供たちも手にすることができます。

チケットの売り上げ、KDDI 協賛金、会場での募金はこれまで通り、すべてカンボジアの教育支援のために使われます。

クリッシャー氏と赤澤専務理事
ロビーでは、カンボジアの子供たちが描いた絵を展示
篳篥を演奏する東儀秀樹さん
笙の音が響きわたりました

サムデック・オー KDDI スクールの開校式

2015年1月19日(月)、カンボジアの南西部シアヌークビルに10校目のKDDIスクール、The Samdech Euv KDDI スクールが開校しました。

この学校は、車の往来の激しい大通りに面した学校なので、開校式式典の後、現地の警察やNGOの協力を得て交通安全教室を開き、警察官による講話と現地NGOによる寸劇で交通安全を呼びかけました。

交通安全教室参加の証として生徒達に黄色い帽子をプレゼントしましたが、式典に参加した大人達までが列に並ぶほどで、帽子はあっという間になくなりました。(この黄色い帽子は、現地の女性達に縫ってもらったものを買い取りました。)