国際協力事業

マレーシア国マルチメディアネットワーク教育プロジェクトに係る
短期専門家の派遣

JICA は、マレーシア国マルチメディアネットワーク*1 を円滑に運用するためには、システムの保守、および故障時対応の技術移転、ならびにトラブルシューティング・マニュアルの整備が必要であるとして、2003年10月から2004年3月までの間、同業務を実施するための衛星通信システムおよび遠隔教育アプリケーション担当の短期専門家を、現地に派遣することにしました。当財団は、同短期専門家派遣業務を受注し、専門家を当該期間にわたり現地に派遣しました。

当財団から派遣された専門家 (合計3名) は、現地長期専門家チームと協力し、NMESにおいて、遠隔授業が円滑に運用されることを目的として、供与機材のうち衛星通信システム、および遠隔教育アプリケーション機材に関する保守技術移転、ならびに定期保守マニュアルとトラブルシューティング・マニュアルを作成しました。また、同ネットワークに関する改善点、および2005年6月のプロジェクト終了時までに実現すべきネットワーク保守体制に関する提言をまとめました。

*1
マレーシア国政府は、JICAからの協力を得つつ、マルチメディア大学 (MMU) をハブサイトとし、アレーシア国内の5ヵ所の教育機関をリモートサイトとした「マルチメディアネットワーク教育 (NMES) プロジェクト」を2001年7月から2005年6月までの4年間にわたって実施しました。
NMESネットワーク サバ局のVSATアンテナ
NMESネットワーク サバ局のVSATアンテナ
ツインタワーの夜景 (クアラルンプール)
ツインタワーの夜景 (クアラルンプール)