国際協力事業

ペルー国遠隔医療用無線IPシステムの通信品質改善

KDDI研究所が、2003年9月にEHASプロジェクト*1と協力してアマゾン川上流域のペルー北部のロレト州に遠隔医療等を目的としたCFO-SSという高速で遠距離通信が可能な無線IPシステムによる2の無線リンクを構築しました。それまではVHF無線による単信通信のみが行われていたものの、音質が悪く、データ伝送速度も9,600 bpsと低速であり、また、季節によって通信品質が劣化するなどの問題がありました。KDDI研究所により構築された無線IPシステムは、双方向の音声通信のほか、リアルタイ ムの動画像通信、医療データのやりとりなどを可能としました。しかしながら、1つのリンクについては、未開通となっていました。

当財団は、2004年3月にKDDI研究所から上記2リンクのうち1つのクイパリ(Cuipari)~シュクジャク(Shucushuyacu)区間について品質改善業務の委託を受け、現地に担当者を派遣し、EHASプロジェクトに参加している PUPC*2のエンジニアと共に無線装置の切り分け試験、高周波ケーブルの交換、アンテナ高の変更、サイトの変更等を実施しました。リンクの中継点であるクイパリでは、電気も水道もなく、また、夜は診療所のベッドを借りて蚊帳をつって寝泊まりするなど、非常に厳しい環境での困難な作業となりましたが、特に大きな問題もなく、業務を実施することができました。

*1 EHASプロジェクト (Enlace Hispano Americano de Salud):
ラテンアメリカの通信・医療環境の向上を目的とした大学研究者やエンジニアのコンソーシアム
*2 PUPC:
Pontifical Catholic University of Peru
クイパリ中継所との対向試験
クイパリ中継所との対向試験
ユリマウス市の中心街
ユリマウス市の中心街