国際協力事業

カンボジア王国に於ける無線LANパイロット・プロジェクト

カンボジア王国は、人口約1500 万人のインドシナ半島に位置する東南アジアの立憲君主制国家です。東にベトナム、西にタイ、北にラオスと国境を接し、南は南シナ海に接しています。首都はプノンペンです。国民の90%以上がクメール語(カンボジア語)を話し、仏教(上座部仏教)を信仰するクメール人(カンボジア人)が住んでいます。

しかし、この国の近年の歴史を辿ると、クメール・ルージュのポル・ポト政権時代に、旱魃、飢餓、虐殺などで200 万人以上とも言われる死者が出たと言われています。この政権時代に文化、知識が思想改革という名の元で、ことごとくフランス統治時代の構造物、文化、教育システムが破壊された悲しい歴史があります。

当財団は、2005 年からNGO(JRfC)と協力してカンボジアの各地に学校建設支援を実施するとともに、カンボジアの子供たちに、特別教育支援の一環として、インターネットを使えるようにと、下記のKDDI School へ無線LANを構築しています。

また、このKDDI Schoolの無線LAN局をハブ局として活用し、近隣のアンスヌール地区の診療所へ無線LAN局を増設し、遠隔医療のパイロット・プロジェクトを実施・支援しています。

  • No.1 KEC School (プレヴィェール州) 2005 年
  • No.2 KEC School(モンドールキリ州) 2007年、2009 年
  • No.3 KEC School (プノンペン郊外のアンスヌール地区)2007 年、2008 年
  • プノンペン郊外のカンダール州アンスヌール地区の診療所など 2008 年、2010年
カンボジア
ハブとなる小学校で、看護師さんへの遠隔医療などの研修(講師:中央病院から)
カンボジア
商用電源がない地域に建てた学校をハブ(中心)とした広帯域ネットワークを構築
カンボジア
2012年1 月で、学校建設は、7カ所、無線LAN設置は3 カ所