国際協力事業

ベトナム社会主義共和国でのM2M及びクラウド技術を活用した地域河川水害早期警報装置の実証研究(2014年)

ベトナム中部山岳地(クワンナム州)では異常気象や森林伐採の影響により、高降雨量の増加による河川災害の頻度が上がってきている。こうした山岳部では観測装置や警報装置の設置が遅れているため、最新技術かつ、ベトナム国内で調達可能な製品・サービスを組み合わせて、継続的に利用可能な廉価なシステムで導入できるように、システムの実証実験・研究を行った。本システムは、センサー、太陽発電、データ収集・発出装置、データ分析と閾値による警報信号、警報発生装置、とそれらを接続するネットワーク(狭帯域と携帯データ網)で構成されている。

センサーを設置した集落。普段はせせらぎだが、急変して洪水で人も村も飲み込んでしまう
洪水中の同じ集落、救助活動の横で魚を取っている。警報装置だけでなく防災教育も必要
センサー設置
下流に設置した警報装置
学校などに寄贈した気象観測装置
クアンアム州災害関係者へワークショップを開催。継続的な運用について白熱した議論があった