国際協力事業

バングラデシュにおけるモバイル用アプリケーション開発とその活用の調査(2014年)

バングラデシュにおいても、近年スマートフォンの爆発的な浸透により、モバイル端末を活用したアプリケーションの開発競争が始まる状況下において、対象利用者の識字率などを考慮して、どの分野のアプリケーションが有効であるか、それに対しての適切な通信行政の政策や戦略について、調査・研究・実証を行う人材育成プロジェクトの提案支援を行った。分野は、教育、農業、健康・医療、エコシステム、コミュニティなど。

バングラデシュの状況(バングラデシュ側の資料より)
バングラデシュで最初のアプリケーション・ショップ