国際協力事業

ネパール・ダル地方の地域社会開発のための効果的な広帯域網のパイロット導入(2018年)

ネパール西部のダル地区にて、『海底用ケーブルとほぼ同様の構造の頑丈なケーブルを管路を用いずに低コストで陸上に敷く』という発想を実現するITU-Tの標準化勧告(L.1700とL.110)に沿って敷設する光ファイバーとWiFiを組み合わせた広帯域な地域ネットワークを構築しました。この地域ネットワークにて遠隔医療を始めとするアプリケーションによる行政の向上を今後試みます。また、PPP(官民パートナーシップ)モデルの好事例として、他地域・他国へ展開されることが期待されています。

完成式典集合写真
低コスト構築用光ファイバーケーブル
ファイバー敷設ルート(道沿いに敷設)
自治体ボランティアによるケーブル敷設工事