視聴覚障がい生徒向けデジタルコンテンツ制作

パンデミックは、最も脆弱な人々へより大きな影響を与えています。平時でも、障がいをもつ子供たちの教育環境は十分とはいえませんが、パンデミック時には、更に教育格差が拡大する可能性があります。

ネパールでは、人口の16%が視聴覚に何らかの障がいを持っていると言われていますが、ICTは障がいのある子供たちにも効果的な学習環境を提供できる可能性があります。視覚障がい者向けにデジタル教材にテキストの読み上げ機能を搭載、また、聴覚障がい者用には手話ビデオを挿入するなど、コンピューターとICTを活用した障がい者向けのデジタルコンテンツ開発に取り組んでいます。

現地パートナーOLEネパールのニュースレター